TEL. 045-331-3819

〒240-0001 横浜市保土ケ谷区川辺町2−7

交通安全協会は、地域の皆様からの賛助会費や免許会員会費等で運営しており、地域から交通事故をなくすための活動に取り組んでいるボランティア団体です。

広報車が替わります。
 当協会の広報車は新車登録から20年以上経ち、故障が増えてきたことから協会創立60周年を機に買い替えるべく、広くご寄付を募って参りましたが、昨年末の〆切りまでに多くの企業や個々人の皆様からご厚意を頂戴し、購入の目途が立ちました。
 ここに慎んで御礼申し上げます。
 朝夕の広報や交通安全教室などで親しんで頂いてきた現広報車も、皆様の目にとまる機会も残り少ないですが、車は替わっても目的は変わりません。今後も交通事故を1件でも多く減らすため、人車一体で頑張ります。
 
帷子小学校

痛ましい事故事例
  昨年7月5日朝、都筑区で母親が運転する電動アシスト自転車が転倒し、「抱っこひも」 を使って胸の前に抱えていた1歳男児が頭部を強く打って死亡する事故がありました。
  母親は、手首に傘を提げて走行しており、その傘が前輪に引っ掛かってバランスを崩し 転倒したとみられています。
  前輪上の幼児用座席にヘルメット着用で乗っていた2歳男児は無傷で済みました。

    

  


  乳幼児を抱っこヒモで抱え、
  自転車を運転する行為は
危険
  です。右の法令違反にも該当
  します。
  どうしても必要なら『
おんぶ』して下さい。

 
  

  
 

  
      
   

 
 


         
賛助会員のご紹介   

        






































































copyright©20XX  all rights reserved.

事務所玄関
 
保土ケ谷交通安全協会
Tel. 045−331−3819
Fax  045−336−0649
メール hodogaya@vivid.ocn.ne.jp



                  
     2019年2月
S  M  T  W  T  F  S
               01 02
03 04 05 06 07 08 09
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28       
神奈川県道路交通法施行細則 第9条
( 軽車両の乗車人員又は積載の制限 )
1 乗車人員
 ア 二輪の自転車にあっては一人、・・・ただし、次   の場合は、この限りでない。
  (ア)(イ)省略
  (ウ) 幼児用座席を設け、当該幼児用座席に幼児一人    を乗車させ、及び幼児一人をひも等で確実に背    負って16歳以上の者が運転する場合
  (エ) 幼児二人同乗用自転車の幼児用座席に幼児二人    を同乗させ、16歳以上の者が運転する場合  
 ※ 幼児二人同乗用自転車とは、左の写真のような、  幼児二人同乗基準適合車マークが貼付された自転車
小学校での交通安全教室で行われるダミー人形を使った衝突実験の場面です。

飛び出しの危険性を、この実験で疑似体験し、実感してもらう取り組みです。

ダミー人形も広報車も、傷だらけになっても愚痴一つこぼさず頑張ってくれます。
高齢者の皆様へ運転免許返納ご案内
  車両の運転をする機会もなく、身分証明代わりに免許更新されておられる方には、免許証の有効期限内返納による『運転経歴証明書』の取得をお勧めいたします。
 免許証と同じような作りの、写真入りの身分証明書で有効期限はありません。また、住所変更等の記載事項変更の手続きも可能です。
 発行に伴う費用(手数料)は
1.100円です。(写真代は別途)
 
  是非、高齢者講習の受講前にご相談下さいネ!
   関係機関リンク
  神 奈 川 県 警 察 
 公益財団法人神奈川県交通安全協会
 一般財団法人横浜市交通安全協会
 泉 交通安全協会